赤く塗れ

Blogというのはそもそも「自分が気になったニュースやサイトなどのURLを、寸評つきで紹介した英語のウェブサイト」だったらしい(Wikipedia)。「21世紀探偵」ではSHERLOCKのことばかり書いているが、そこで出会った方々のブログを拝読していると、SHERLOCKのこと以外にも、ブログ主さんが興味を持ったことが色々書いてあって、非常に面白い。現在YOKOさんがハマっていらっしゃる「イングレス」なんて、職場とアパートとスーパーマーケットしか行かない自分には全く縁がないが、YOKOさんが陣地を増やしていくさまを見ているだけで手に汗握る。「ラインハルト様、宇宙を手にお入れください」という心境だ。さすがのYOKOさんも群馬にキルヒアイスがいるとはご存知なかろう。キルヒアイスと違って役に立ってるわけじゃないし。

ドイルの外典発見事件でリンクさせていただいたTomoさんは海外を飛び回るお仕事をなさっていて、ブログもその行動範囲に連動するかのようにさまざまな話題に満ちている(実はかなり昔からファンだった)。

3月1日現在のTomoさんの最新記事で紹介されたのが、「行った国を赤く塗りつぶす」サイト

Tomoさんはお仕事で50か国以上に行かれたそうだ。

私は旅行にもほとんど行かないので真っ白だろうな、と思ってやってみたら

意外と赤かった……

 

しかしこれにはトリックがある。

まず中国。職場の慰安旅行で、2泊3日で香港に行っただけである。そんだけでこの塗られっぷり。

アメリカは、仕事関係の資格を取るためにカナダにいた時に、バスでちょっと遊びに行っただけだ。何アラスカとか塗っちゃってんの、その上の方の島々も知らないから!ぶっちゃけ名前すらぱっと出てこないから!

アルゼンチンに至っては、ブラジルからイグアスの滝を見に行った時にちょこっと「アルゼンチン側」に回っただけだ。確かに国境は越えたし、パスポートも出したが、滞在時間2時間くらいじゃないか。そんなんでいいのか、塗っちゃって。

見た目の印象としては小さいが、日本列島がまるまる塗られてるのも感覚的にはとんでもない詐欺である。告白するが、私は北海道にも四国にも九州にも沖縄にも行ったことがない。基本的に関東ひきこもりだ、ハロー。

 

というわけで内情を告白すると(しなくても)、Tomoさんの50ヶ国には及びもつかないのだが、何だろう、この「塗りつぶす」気持ちよさは。なんかもう、内容が伴わないとかどうでもいい。赤けりゃいいんだ赤けりゃ。今、私はラインハルトだ。我が征くは星の大海。

 

……気付いてしまったのだが、人はこういう心境の時に「三大陸の婦人」とか言っちゃうんだよな、多分。

 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright © 21世紀探偵 All Rights Reserved.